子宮筋腫の症状と原因 > 子宮筋腫の原因

子宮筋腫の原因について

子宮筋腫の発生する原因が何かということは、現在まだ明らかになっていません。

そこで子宮筋腫の原因においてはさまざまな推測がされています。

現時点で明らかになっていることの一つに、初経前の若い女性に子宮筋腫はほとんど発生することはなく、閉経後は次第に小さくなるということがあります。

こういったことから子宮筋腫の原因は月経を起こす女性ホルモンと深い関わりがあると考えられています。

また仮説の一つとして、子宮筋腫の芽は人が生まれる前、すなわち胎児の時代から既に作られている、というものがあります。

これはこれまでのいろいろな実験によって、既に出来上がっている子宮の筋肉に筋腫の芽は発生しないということが分かったからです。

胎児の時代には子宮の筋肉の形成時に少し違った筋肉細胞があちこちに作られます。

その筋肉細胞は生まれてから成長し、思春期になって卵巣から女性ホルモンが分泌されるようになるとさらに成長します。

そして月経を繰り返すうちに子宮筋腫になるというのがこの仮説です。

また月経自体が筋腫の芽を生み出すという考えもあります。

妊娠に向けて準備していた子宮の筋肉が、月経によって何度も中断されることによって細胞に異常が起こり、筋腫の芽になる細胞をつくるというものです。

さらに子宮筋腫の発生を増加させているのが女性の出生率の低下です。

そして不規則な食生活や過度のストレスなどによってホルモンバランスが乱れることが追い打ちをかけているのではないかと推測されています。