子宮筋腫の症状と原因 > 子宮筋腫の予防

子宮筋腫の予防について

子宮筋腫は成人女性の多くにみられる病気と言われていますが、生活習慣病とは異なり、日常生活で予防する方法はありません。

しかし早い段階で見つければ、子宮筋腫による辛い症状を予防できる可能性があります。

子宮筋腫とはもともと子宮の筋肉組織に小さい筋腫の芽が発生したことから始まります。

筋腫が小さいうちはほとんどの場合自覚症状がなく、筋腫が発育して大きくなると症状が表れます。

そのため筋腫が小さいうちに発見し、必要に応じて早めに治療を受けることが辛い症状を予防する第一歩だと考えられます。

筋腫を早期発見するためには婦人検診をできるだけ早めに、そして定期的に受けることが最も効果的です。

症状がない場合、筋腫を放っておいても生命に関わることはありませんが、人によってはどんどん発育して巨大な筋腫になることもあります。

そのため経過観察であっても定期的な診察を怠らないことが望まれます。

また、子宮筋腫があると過多月経や筋腫に血液を奪われることによって貧血になります。

貧血は動悸、息切れ、頭痛、倦怠感などの不快な症状につながる恐れがあります。

こういった症状を予防するためには、日常の食事で十分に鉄分補給をすることが必要です。

赤身の魚、海藻類、貝類、レバー、子魚、緑黄色野菜などを多く摂るように心掛けるとよいでしょう。

またサプリメントを利用するのも一つの方法です。

また食事による栄養補給と同時に、運動を習慣的に行い、血液の流れを停滞させないことも予防になります。