子宮筋腫の症状と原因 > 内視鏡手術

内視鏡手術について

近年、子宮筋腫の治療において内視鏡手術が広まりつつあります。

内視鏡とは体の内腔を観察するためのカメラです。

開腹手術と違って傷跡がほとんど残らず、回復が早いため早期に退院でき、術後の癒着が少ない、出血量が少ないなどの長所があります。

内視鏡手術には子宮鏡が使われる手術と腹腔鏡が使われる手術があります。

子宮の内側にできる粘膜下筋腫を摘出する手術には子宮鏡が使われます。

子宮鏡を膣から子宮へ挿入し、電気メスによって筋腫を少しずつ削りとります。

ただし7センチ以上の大きな筋腫には向かず、他にもいくつかの条件を満たした筋腫にのみ行うことができます。

腹腔鏡手術は腹部に数か所穴を開けて細い管を挿入し、電気メスによって子宮筋腫を摘出する手術です。

筋層内筋腫と漿膜下筋腫に適応される手術で、子宮全摘出と筋腫だけを摘出する場合のどちらにも対応できる手術です。

内視鏡手術は特殊な設備と医師の技術、経験が必要とされるため、まだ限られた施設でしか受けることができませんが、今後医師の技術向上とともにさらに普及が見込まれています。

また、内視鏡手術は拡大鏡が使用され、近年では開腹手術に劣らない精密な手術が可能になりつつあります。

しかし内視鏡手術と予定されていて、手術途中に強い癒着や合併症が見つかり途中で回復手術に変更される例も少数起こっています。

内視鏡手術は医師によって技術の個人差があります。
手術前に医師からリスクを含めた説明を十分に受けることが大切です。