子宮筋腫の症状と原因 > 子宮筋腫の再発

子宮筋腫の再発について

子宮筋腫はどのような治療をうけたとしても、子宮が残っている限り筋腫が再発する可能性があります。

西洋医学による薬物療法では一時的に症状が改善されますが、治療で使われるホルモン剤は長期使用ができず、治療を中止すると再び筋腫が大きくなり、もとの症状が表れます。

また筋腫核手術で筋腫のみを取り除いても、筋腫の芽を完全に取り除くことは難しく、再発の可能性は消えません。

閉経の近づいた40代ならともかく、20代、30代で子宮筋腫を治療しても、その後閉経までの長い期間女性ホルモンにさらされることになります。

そのため筋腫が再発して大きくなる危険性は高く、特に複数の筋腫があった女性は高い確率で筋腫が再発します。

再発した場合の再手術で筋腫だけを取り出すことは困難で、ほとんどの場合子宮全摘出手術を受けることになります。

子宮全摘出の後には筋腫で悩まされることはなくなります。

漢方や他の代替療法も治療効果がありますが、これも症状は改善するものの、筋腫自体が消失するものではないため、再発する可能性はあります。

しかし、これらの療法は辛い症状の改善とともに、体質を改善して筋腫を再発しにくくすることが目的の一つです。

体に負担の少ない治療で子宮筋腫の治療を望む人には適しているでしょう。

現在の医療では子宮を全摘出しない限り再発の可能性はなくなりません。
子宮筋腫は辛い症状を治療によって緩和しながら、閉経までの間根気よく付き合っていく病気なのです。